*

審査について

公開日: : キャッシング基礎知識

キャッシング、カードローンの融資審査についてご説明します。

通常、銀行は不動産担保や保証人が無い人にはお金を貸しません。(銀行カードローンは別です)融資審査では住民票、納税証明書、所得証明など多くの証明書類の提出を求められます。

クレジットカードを扱う信販会社では担保が不要ですが、申込み者の資力・性格・資産の3つの軸から総合的に信用度を判断する「3C」という考え方の元に審査基準を定め審査をしています。

一般的に、キャッシング業者は担保も保証人も不要な上に、わずか30分〜1時間程度の審査で10万円〜50万円という現金を貸しています。銀行やクレジットカードよりも手軽さをウリにして簡単にお金を貸す分、高い金利に設定して回収しているので、このようなことが可能になるわけですね。

消費者金融の審査の流れは、本人確認→信用情報機関への照会→オートスコアリング→在宅及び在籍確認

これらを総合的に判断して支店長が融資の可否を決定します。店頭などでの融資の際は対面与信となりますので、申込み者の印象も審査の材料となります。スコアリングの基準は各キャッシング業者によって異なり、その他の属性の基準も異なりますので、同条件で各社に申込みをしても審査結果が異なるケースもあります。

他社借り入れについて

キャッシングを申し込む際に、他社から借り入れしていると審査に不利に働くかといえば、一概にそうではありません。回収不能のリスク 「貸倒れのリスク」 を最小限に抑えるために、申込み者の現在の支払能力と借り入れ状況のバランスを考慮し、支払い余力があるのか?という視点で判断します。

「貸倒れのリスク」を把握するために「他社借り入れ件数」を重要な判断基準とします。 「他社借り入れ件数」 が、キャッシング業者の許容件数内であれば、属性レベルが低くても、貸してくれるケースがあります。(融資額は低い場合が多いですが)

クレジットカードの審査は 「借り入れ総額」 を重視しますが、キャッシングの審査では 「借り入れ件数」 つまり何件の業者から借り入れをしているかということを重視します。クレジットカードであれば、各業者によって融資額(与信額)にばらつきがあります。 しかしキャッシングの場合は、一件あたりの融資限度額が50万円であるケースが多いため、借入件数を知れば借り入れ総額も予測できるわけです。

属性レベルが高い人には融資限度額が100万円になる場合が多く、結果的に 「1社から100万円も借り入れできるほどの信用がある」 と判断され、優良顧客と判断されます。同じ100万円でも4社から各25万円づつ借り入れしている場合は、 「1社あたりの限度額が低い=信用が低い」 ということになります。

融資限度額はその人の信用度を測るバロメーターになるわけです。つまり、多数の業者から借りている人は、信用度の低さから1件あたりの融資限度額が少ないことにより、多数の業者から借りざるを得ないのだとキャッシング業者は判断するわけです。

キャッシング業界では、業者の規模・内規によって他社借り入れ件数の許容件数が異なります。「他社借り入れ○件までOK」という線引きが存在するわけです。しかしこのような表現を広告に載せると、行政機関などから融資助長であると指導されますので、具体的な件数を公表しないのが通常です。

関連記事

no image

どのような金融会社がオススメ?

とにかく金利が低い会社をオススメします。特に上限金利が低い会社に注目してください。 上限金利と

記事を読む

no image

保証人と連帯保証人の違い

高い買い物をしようとしたり、冠婚葬祭などで急な出費が必要となったりなど、日常の様々な場面で急にお金が

記事を読む

no image

返済について

各金融機関により異なりますが、以下のような返済方法があります。 ※詳細は、各金融機関により異なりま

記事を読む

no image

オンラインキャッシングについて

オンラインキャッシングとは 通常、キャッシング専門会社へ融資の申込みをするには店頭(自動契約機)へ

記事を読む

no image

キャッシングお申し込みの流れ

ここで説明している内容は、一般的なインターネットキャッシングの申し込みの流れになります。企業によって

記事を読む

PAGE TOP ↑