*

オンラインキャッシングについて

公開日: : キャッシング基礎知識

オンラインキャッシングとは

通常、キャッシング専門会社へ融資の申込みをするには店頭(自動契約機)へ出向き契約を行ないます。その申込を店頭へいかずにインターネット上で行なう事をオンラインキャッシングと呼びます。店頭へ行く時間が無い方や店舗へ行く事に抵抗がある方には大変便利なシステムです。

キャッシングやカードの申込みは、入会金が必要なものもありますが、ほとんどのカードが無料です。審査通過後の借り入れ金の銀行振込み手数料や利率は各金融会社によって違います。申し込む前に確認するようにしましょう。

申し込みに必要な書類

申し込みはオンラインでできますが、その後、身分などを証明するために必要書類を郵送またはFAXすることが必要です。(契約書類に同封するのが通常)運転免許証、健康保険証、パスポートなど、本人確認ができる書類のコピーでいいでしょう。外国籍の方は、外国人登録証です。利用額や信用情報に応じて、源泉徴収票や給与明細書、納税証明書など所得を証明する書類の提出が必要な場合もあります。50万円までの借り入れの場合、原則的には無担保で保証人は必要ありませんが、利率の低い目的型ローンや借り入れ希望額、商品プランによっては保証人や担保を求められる場合もあります。

個人情報の取り扱いについて

オンラインキャッシングでは、申し込み時に個人の名前や生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどを記入し送信する必要があります。送信することに抵抗感があるかもしれませんが、各金融サイトでは個人情報が第三者に渡らないように万全な管理をしています。申し込みフォームから送信する際にも、高度な暗号化技術が使われていますので安全です。代表的なものは、ベリサイン社の高度な暗号化技術であるSSL(セキュア・ソケッツ・レイヤー)。個人情報等が送信される際にはこのSSLにより通信は暗号化され、外部の第三者が個人情報を読み取ることを不可能にしています。

信用情報の照会

金融会社はキャッシングの申し込みを受けると、申込者の信用情報を「個人信用情報機関」に照会します。「個人信用情報機関」とは最新の個人信用情報を収集・管理し、加盟会員である企業の照会に対して情報提供を業務とする機関です。個人信用情報機関は審査の迅速化や過剰融資の防止、金融業界の発展に貢献しています。信販系、消費者金融系、銀行系によって照会先は異なるのが通常です。

貸金業登録番号

貸金業を営業する業者は財務大臣、または都道府県知事への登録が必要になります。

・営業所などが2つ以上の都道府県にある場合、財務大臣への登録が必要です。
・全ての営業所などが同一の都道府県内にある場合、都道府県知事への登録が必要です。

登録の申請が認められると、登録番号が通知され、カッコ内の数字が登録初年度に(1)から始まり、3年毎の更新ごとに数字が1つ増えます。 [ ○○金融(1)第○○号 ] という番号の金融業者は、登録後3年以内ということになります。 [ ○○金融(2)第○○号 ] という番号であれば、登録後3年以上6年以内ということになります。 カッコ内の数字が多ければ、それだけ営業年数の長い金融業者ということになるので、会社の信頼度を計る一つの基準にもなります。当然、無登録での営業は禁止されています。

関連記事

no image

保証人と連帯保証人の違い

高い買い物をしようとしたり、冠婚葬祭などで急な出費が必要となったりなど、日常の様々な場面で急にお金が

記事を読む

no image

どのような金融会社がオススメ?

とにかく金利が低い会社をオススメします。特に上限金利が低い会社に注目してください。 上限金利と

記事を読む

no image

キャッシングお申し込みの流れ

ここで説明している内容は、一般的なインターネットキャッシングの申し込みの流れになります。企業によって

記事を読む

no image

返済について

各金融機関により異なりますが、以下のような返済方法があります。 ※詳細は、各金融機関により異なりま

記事を読む

no image

審査について

キャッシング、カードローンの融資審査についてご説明します。 通常、銀行は不動産担保や保証人が無

記事を読む

PAGE TOP ↑